ワキガの皆さんが多くの人に嫌われるのは、「ワキガが伝染する」という固定概念による理由が関係していると言われています。今回は「ワキガは感染するのか?」という疑問について詳しく解説しますので、ぜひ毎日の生活の参考にしてみてください。

ワキガが感染することはありません!

ワキガは、他の人に感染することがない病気です。ワキ周辺に生じる異臭は、「皮脂腺やアクポリン腺から生じる汗と皮膚常駐菌の反応」によって起こるとされていますので、「「ワキガ」という菌が発生しているわけではないこと」を知っておいた方が良いと言えるでしょう。

ワキガの人から生じる汗に触れたところで、「ワキガがうつること」はありませんので、安心してコミュニケーションを図るようにしてください。

ワキガはうつりませんが、臭いはうつります!

ワキガの症状が感染することはありませんが、洋服などに付着した「臭い」はうつります。これは「焼肉屋さんに入った後に全身が臭くなる」のと同じ感覚の現象となりますので、ワキガの人と洋服などのシェアをするのは、なるべくやめた方が良いと言えるでしょう。

洋服やインナーは、「身体から分泌される汗や汚れを吸着してくれる存在」となりますので、基本的には「他人とシェアすべきではないこと」を頭に入れておいた方が良さそうです。

周囲に不快感を与えないためにも、なるべく綺麗に洗濯しましょう!

既にワキガの症状が起こっている人は、「患部のケア」だけでなく、「自分が毎日着用している洋服のケア」も行うようにしてください。

普通の洗剤でワキガ臭が消えない場合は、「酸素系漂白剤」の使用がおすすめとなっています。

酵素系漂白剤を使う時には「約2時間の漬け置き」が必要となりますが、ひと手間かけるだけで洋服の臭いが消えていきますので、週末などを利用してぜひ「衣類のスペシャルケア」を行うようにしてみてください。

ワキガに悩む人の多くは、「既に付着している洋服に臭い」によって、デオドラントクリームなどの効果が実感できないケースも非常に多いとされています。

せっかく購入したアイテムの効果を良い形で実感するためにも、「衣類のケアの徹底」が非常に大事なことだと言えそうです。

まとめ

感染することのないワキガですが、洋服に付着した臭いによってさまざまな悪循環が生じるケースも非常に多いとされています。

近年では衣類用の消臭スプレーなども販売されていますので、自分に合ったアイテムを活用して、臭い対策に励むようにしてみてください。