夏になる前に準備できる「ワキガ対策」は、意外とたくさんあると言われています。今回は「早い時期から準備可能な方法」をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

食生活を改善する!

皮脂腺から生じる汗の臭いは、食生活の改善によって解消できるとされています。特にミネラル分の多い海藻や野菜中心の食生活をしている人は、「体臭が少ない傾向がある」とされていますので、ワキガに悩む皆さんは早めに「食」に関して見直しをかけるようにしてください。

また植物性タンパク質の代表・肉や香辛料、塩分、アルコールなどをたくさん摂取している人も、皮脂腺から生じる汗が臭くなりがちです。ワキガの原因は食べ物以外にもたくさんありますが、気になる人は「食生活を改善すべき」と言えるでしょう。

汗取りインナーを着用する!

ワキ周辺の衛生環境を保つために、「汗取りインナー」や「汗取りパット」などを活用してみてください。汗取りパットの場合は定期的な交換ができるため、ワキ汗の酷い人にはおすすめ度の高い存在となります。

デオドラントクリームを塗る!

初夏の段階からデオドラントクリームを塗布する習慣を付けていると、夏本番に大量のワキ汗やワキガ臭に悩む必要がなくなります。デオドラントクリームは「早ければ早いほど高い効果が期待できる存在」と言われていますので、季節問わず1年を通して使用しても良いでしょう。

石鹸を変える!

殺菌効果や洗浄力の高い石鹸を使って、「ワキ周辺を常に衛生的な環境にする」というのも大事なことです。1日1回の洗浄でワキ周辺の雑菌や臭いが洗い流せれば、デオドラントクリームを購入しなくてもワキガ臭と無縁になることもあるようです。

どんな方法を選ぶ人でも「毎日洗うこと」は必要不可欠な策となりますので、バスタイムを上手に活用して、ワキ周辺の衛生環境を保つようにしてください。

まとめ

夏になると酷くなってしまうワキガの症状ですが、春や初夏から早めの策を講じることで、酷い臭いやワキ汗を抑えることができると言えそうです。

特に食生活の改善は体にさまざまなメリットをもたらしますので、生活習慣病の予防やダイエットを兼ねて実践してみても良いでしょう。

近年では、ワキガ対策に活用できるアイテムがたくさん販売されていますので、自分に合ったものを選んで良い形で汗や臭いを予防してみてください。