ワキガの人は多汗症の人も多いと言われています。その為、多くの汗により更に体臭が強くなるのがワキガ+多汗症の人の悩みどころ。

衣服に汗がべったりと付着すれば、周囲に臭いが放たれているのではないかとつい気になってしまいますよね。

しかし、気にすれば気にする程、益々、汗が止まらなくなり、益々、臭いが増してしまうという悪循環に陥ってしまうことがありますので、気にしすぎないということを心がけることもワキガや多汗症には大切な対策となります。

そこで今回は、そんな汗と臭いが気にならなくなるという脇汗パッドについて、ご紹介します。

脇汗パッドの使い方と効果~男性の場合

市販されている多くの脇汗パットは、女性用のものが多く、男性用が殆どありません。それでもお洒落な男性にとってみれば、脇汗のせいで、気に入っていた洋服が汗で黄ばんだり、臭いが付着するのは嫌ですよね。

女性用の脇汗パッドで良いから汗・臭いを抑えて、体も洋服も綺麗で清潔な状態を維持したいと思うはずです。しかし、夏になるとタンクトップを着る男性は多くなりますよね。

この場合、脇汗パッドが露出してしまうので、夏にはタンクトップを着れなくなるというデメリットがあります。そこで最近、男性に人気となっているのがジェルタイプのパッドです。

普通の脇汗パッドは動くとずれたり、汗の量が多いと漏れてしまいますがジェルタイプの脇汗パッドは、脇に塗ると、患部に膜を作ることで、ぴったりとくっついて、汗・臭いをしっかりと閉じ込めてくれます。

ジェルタイプであれば無色透明なので、タンクトップなど脇が露出した洋服を着ることも出来ますので、お洒落な男性には、最適な脇汗パッドです。

しかし、この場合、脇毛を脱毛する必要があります。ワキガの人は脇毛に細菌が繁殖しやすいので、汗と臭いを抑えるには、脇毛処理が必須となります。

脇汗パッドの使い方と効果~女性の場合

女性の場合、脇汗パッドが洋服から透けて見えるのは恥ずかしいという理由で、付けたいけど付けられないという方が多くいます。特に薄着になる夏には、そのような方が多くなるようです。そんな方には、貼るタイプの脇汗パッドがオススメです。

最も汗をかきやすい夏でも汗や臭いを気にすることなく、白いブラウスを優雅に着こなせる女性になれてしまうと言う脇に直接貼るタイプの脇汗パッドは、ロールタイプになっていて、自分の脇の大きさに合わせて、カットして、使用することが出来るのが特徴です。

洋服から透けて見えることがありませんので、仕事にも集中することが出来ます。しかし、脇に傷があったり、敏感肌やアトピーの方は肌トラブルが起こる恐れがあります。

また毎日、使用しているとお肌に痒みや赤みを引き起こす恐れもあります。

まとめ

汗をかいた直後は、まだ臭いはそれ程、強くないと言われています。実際、臭いが強くなるのは、汗が衣服に付着して、その汗が乾き始めた頃ですので、臭いが強くなる前にこまめに汗を拭けば良いのですが仕事中は、そのようなわけにもいきませんよね。

脇汗パッドは汗をかいた瞬間、吸い取ってくれますので、こまめに汗を拭くのと同等の効果があります。これにより、ワキガ臭も最小限に抑えることが出来ます。

またワキガの人は、アポクリン腺から多く汗が出るので、洋服の脇部分が黄ばみやすくなりますが脇汗パッドなら綺麗で清潔な洋服を長くキープすることが出来ます。このように脇汗パッドはワキガの人の心強い味方ですので、是非、活用してくださいね。