夏になると汗の量が増えますよね。特に脇は汗腺が多い為、一番汗をかきやすい部分です。また雑菌の温床になりやすい為、臭いがキツくなってしまうことがあります。

その為、夏までにはワキ毛の処理をお考えになる方が多くいることでしょう。ワキ毛を処理する方法は様々ありますが初めてワキ毛を処理するという方は、カミソリで剃る方法をオススメします。

「でもワキ毛を剃ると脇汗が多くなったり、臭いがキツくなると言うから心配……」と不安を抱く方も多くいるかもしれません。そこで、今回はワキ毛を剃って処理する方法は果たして脇汗・臭いを増やすのかについて調べてみました。

ワキ毛を抜くのはNG

毛抜きや指などで毛根から毛を抜くと方法は、毛穴や毛根が強い刺激を受けます。この刺激がワキガの要因であるアポクリン腺の働きを高めて、汗の分泌を活発にしてしまいワキガを誘発してしまう恐れがあります。

結果、脇汗や臭いを増やす要因となりますので、毛抜きや指などでのワキ毛処理法はオススメ出来ません。

また毛を抜くことで毛穴が開きやすくなり、皮脂や汚れが詰まって、黒ずんだり、ニキビや吹き出物が出やすくなることがあります。アポクリン腺を刺激しない為には、カミソリで剃るかエステや医療機関での脱毛がオススメです。

ワキ毛を剃るのはOK

毛抜きや指などで毛根から毛を抜く方法と違い、カミソリでのワキ毛処理法はアポクリン腺を刺激することがありませんので、脇汗や臭いが増えるという心配はありません。その際は、安全カミソリを使用することで、皮膚を刃の先端部分以外の全てから守ってくれますので、オススメです。

また最近では、カミソリの刃と比べて、刃先が鋭くない女性用の電気シェーバーでの処理法が人気です。同じ「剃る」行為でもカミソリよりも、皮膚に刃が当たらないように設計されていますので、カミソリ負けや肌荒れといったトラブルが少ないのがメリットです。

ワキ汗が増えるのは勘違い!

エステや医療レーザーなどでワキ毛を脱毛すると、ワキ汗が増えたと言う方は多いようですがこれは毛がなくなった分、汗が直に肌に伝わることで、そう感じてしまう錯覚によるものです。ですので、脱毛によって汗が増えることはありません。

臭いに関しては毛がなくなることで、雑菌の繁殖が減りますので大幅に軽減します。これにより、制汗スプレーの使用頻度は少なくなります。

お肌を傷めずに綺麗に処理したい方や自己処理から一生解放されたいという方には、エステや医療レーザーでの脱毛をオススメします。

まとめ

このようにアポクリン腺を刺激しない為には、カミソリで剃るかエステや医療機関での脱毛がオススメです。特に剃る方法は、脇汗や臭いを抑える最も簡単な自己処理法です。その際は、安全カミソリや女性用の電気シェーバーを使って、お肌に負担をかけずに処理しましょう。

夏の間だけ綺麗になりたいという方やエステに通う暇やお金に余裕がないという方、そして、初めてワキ毛を処理するという方でも自宅で簡単に行える剃る自己処理法はオススメです。