夏になると汗をかくことが多くなり、汗をかくと周囲に臭いが放たれているのではとつい気になってしまいます。鼻の近くにある脇は特に臭いが気になりやすくなる部分です。

しかし、気にすれば気にする程、余計に脇汗が吹き出るため、脇汗が多くて脇が臭いと悩むようになり、「自分はもしかしてワキガではないか」と不安に思う方が多くいると言います。

しかし、この場合の脇汗は精神的・心理的な問題が原因ですのでワキガの心配はありません。しっかり脇汗対策を行えば、脇汗の臭いから解消させることが出来ます。そこで今回は、普通の脇汗とワキガとの違い、脇汗の臭い対策についてご紹介します。

腋臭症(ワキガ)の場合

ワキガの方の汗はアポクリンという汗腺から汗が分泌されます。アポクリン腺から分泌される汗は、脂肪、たんぱく質、糖質、鉄分、色素、尿素、アンモニアなど様々な物質を含んでいる為、乳白色で粘り気があります。

そして、皮膚の常在菌によって、分解されることで独特な臭いを発生させます。

普通の脇汗の場合

普通の脇汗の場合、エクリンという汗腺から汗が分泌されます。エクリン腺から分泌される汗は99%が水で、残りの1%が塩分、尿素、アンモニア、ミネラルですので、無色透明で、粘り気がないのが特徴です。その為、殆ど臭いはありません。

汗と一緒に流れた角質などが雑菌により分解されることで、多少臭う事はありますがワキガの強烈な臭いとは異なります。

ワキガ体質の判断方法とは

自分がワキガかどうかは病院で診てもらうのが一番ですが以下のチェック項目に該当するかどうかでも多少判断することが出来ます。

1.父親または母親がワキガである
2.毛深い
3.耳垢が湿っている
4.洋服の脇部分が濃く黄ばむ
5.入浴後でもすぐに臭いがする
6.脂性

特に4に該当する方はアポクリン汗腺の数が多い為、汗が多くワキガ体質である可能性があります。

しかし、制汗剤の使用によりエクリン汗腺から分泌された汗と制汗剤の成分が混ざることでも洋服の脇部分が黄ばむことがあります。この場合、濃く黄ばむのではなく、ぼんやりと黄ばむのが特徴です。

腋臭症(ワキガ)の対策とは

アポクリン汗線が多い人はここから汗がたくさん分泌されますので、一般的なデオドラント対策を行っても臭いが強い為、あまり効果がありません。

ワキガの原因はアポクリン汗腺にありますので、ワキガを完治させるには脇の下を切開し、腋臭の原因であるアポクリン汗腺を手術で除去するのが一番有効です。

また最近では、皮膚科や美容クリニックなどでボツリヌストキシンを脇の下に注射し、悪臭の発生源であるアポクリン汗腺や汗のもととなるエクリン汗腺の働きを衰えさせることで臭いや汗を抑える治療法が人気です。

普通の脇汗の対策とは

エクリン汗腺から分泌された汗は正しいデオドラント対策を行えば、臭いは確実に抑えられます。

ストレスを減らす

ストレスや緊張は、汗腺の働きを活発にしますので、リラックスタイムを作って、ストレスや緊張を緩和させるようにしましょう。

こまめに水分を摂取する

体の中でで水分が不足すると汗をかいたときの汗の成分が濃くなることで、臭いが強くなりますので、こまめに水分を摂取しましょう。

脇汗パッド入りのインナーを着用する

脇汗パッドは大切な洋服を黄ばみから防止してくれるだけではなく、脇汗のシミが目立っていないかと気にならなくさせてくれます。これにより、脇汗量が減ることで臭い防止になります。

まとめ

ワキガではないかと不安に思う方の多くが普通の脇汗であることが多く、また汗をたくさんかけば誰でも臭いを発生させます。そして洋服の脇部分が、黄色くなっても制汗スプレーと脇汗の成分が混ざって、黄色いシミになることもありますのでワキガとは限りません。

それでも不安が拭えない場合やご自分で判断がつかない場合は病院で診断を受けることが一番確実ですので、是非、病院の皮膚科や形成外科を受診しましょう。