アポクリン腺の量が多かったり、大きい場合は体臭が強い=ワキガになりやすいと言われています。そして、ワキガの要因の一つに遺伝があると言います。

ワキガの最大要因であるアポクリン腺が遺伝することで、ワキガになってしまうと言われています。果たして、それは事実なのでしょうか?そこで今回はワキガの遺伝について調べてみました。

ワキガの優性遺伝子とは

ワキガの根本的要因であるアポクリン汗腺から分泌される汗は、通常の汗とは異なり、脂質やたんぱく質などを含んでいる為、皮膚の常在菌が分解することで強い臭いを発生させます。これがワキガです。

アポクリン腺の量や大きさは生まれつき決まっており、人によって異なっています。その量を決めるのが遺伝とも言われています。その為、ワキガの人は両親、兄弟も共にワキガであるという人が多くいます。

それには、ワキガの遺伝子である優性遺伝子が関係しています。優性遺伝子は、優れた遺伝と思われがちですが決して優れた遺伝子ではなく強い遺伝子のことです。その為、ワキガとなる遺伝子とそうではない遺伝子では、必ずワキガの遺伝子である優性遺伝子が親から子へ伝わります。

以下のようなデータもあるほどです。

・両親共にワキガの場合、その子供は80%の確率でワキガになります。
・片親だけがワキガの場合、その子供は50%の確率でワキガとなります。
・親のどちらかがワキガで、3人の子供がいた場合、3人に1人がワキガとなります。

ワキガ治療の重要性

遺伝だから仕方ない、体質だから諦めようなどと思う必要はありません。遺伝はワキガ要因の一つでしか過ぎません。親がワキガであってもその子供全員がワキガになると決まっているわけではありません。

またワキガ遺伝が確実に関係しているのは、主にアポクリン腺の数と部位です。その他の要因である生活習慣や体質などは、人それぞれ異なりますし、アポクリン腺はその後の環境によって、成長度合いなどで変化していきます。

ホルモンの影響などにより後天的な要素も影響していくと言われていますので、親がワキガであっても100%子供に遺伝するとは限りません。ワキガは優性遺伝するという事実はありますが、アポクリン腺を全く持たない人はいませんので遺伝は、決定打とも言い切れないのも事実です。

現代の医学は、日々進歩しており、今後、更なる治療法が出てくる可能性は高くあります。またワキガはそもそも完治しない病ではありませんので、あまり過度に悩む必要はありません。

悩めば悩む程、体臭はストレスによって、キツくなりますので、ワキガを治療する方法をお考えになることが重要です。特に思春期の子供の場合、ワキガを機に深刻なイジメ問題に発展してしまう恐れがありますので、早い治療が重要となります。

子供のワキガ治療とは

ワキガが子供に遺伝したかどうかは思春期で判断することが出来ます。ワキガの最大要因であるアポクリン汗腺の成長は、第二次性徴の頃に活発になります。

ワキガの根本的解決には手術で、アポクリン腺を除去することが一番ですが子供の場合、部分的にアポクリン腺が取り残されると成長による再発が心配される問題があります。

ですので、小中学生のお子さんは、ボトックス注射でのワキガ治療をオススメします。

ボトックス注射は傷跡も残らず、治療も短時間ですので、学校生活にも支障がありません。高校生になって、本人のワキガ臭の悩みが非常に強くなれば、手術でアポクリン腺を除去するなどが良いでしょう。

まとめ

ワキガは優性遺伝子の為、子供にワキガが遺伝する確率は高いと言えますがワキガは治療を行えば、完治・改善させることが可能です。治療になかなか踏み出せない場合は、治療以外にも自宅で簡単に行える体臭対策があります。

軽度のワキガであれば、市販の制汗剤や消臭効果のある石鹸を使用することで、体臭を抑えることが出来ますし、また体臭は、皮脂腺から分泌される皮脂の多さなども関係していますので、日頃から脂っこい食事は控えることも効果的な体臭対策になります。