ワキガの嫌な臭いの原因は、アポクリン腺という汗腺にあります。ここから出る汗が、皮膚表面にある皮脂や細菌と混ざることで独特の臭いが発生します。

アポクリン腺が多くある人ほどワキガ体質になりやすいと言われていますので、体質を個人の努力で、変えると言うことは非常に困難です。

しかし、根本的な原因はアポクリン腺にありますので、アポクリン腺を減らすことが出来ればワキガの独特の臭いを抑えることが出来るのでは?と、思う方は数多くいるかと思います。そこで今回はアポクリン腺を減らす方法についてご紹介します。

アポクリン腺と皮脂腺

ワキガの臭いはアポクリン腺から分泌する汗(分泌物)が影響しています。しかし、それだけではありません。ワキガ臭を広げる原因に皮脂腺があります。皮脂腺は皮脂を分泌することで、皮膚を守る役割があります。

皮脂腺から出る分泌物もアポクリン腺から出る汗と同様、最初は無菌無臭です。

しかし、皮脂腺は脇毛が生えている毛穴の中で、アポクリン汗腺と共に存在している為、アポクリン腺からの汗が出ると、皮脂腺から分泌される脂質と混ざり合って、微生物のエサとなり、分解されることでワキガの独特の臭いが生じるのです。

ですので、ワキガを治療するには、脇を清潔に保ち、微生物の繁殖を減らすことが重要です。

しかし、脇を完全に無菌状態に保つと言うことは現実的に困難です。そこで、有効となるのがワキガ専門のクリニックでアポクリン腺の数を減らすことです。

アポクリン腺を除去することで、汗の量が減ることで、皮脂腺から分泌される皮脂の量を減らすことが出来ます。これにより、ワキガの嫌な臭いを大幅に抑えることが出来ます。

アポクリン腺を減らすには

ワキガには、軽度、中度、重度と症状によって分けられます。軽度の人の場合、制汗剤や汗ワキパッドインナーを使用する、油分の多い食事は避けて、皮脂の分泌量を抑えるなどの簡単なケアだけでも臭いを抑える事が出来ます。

しかし、中度や重度の人の場合、上記のケアだけでは効果はありません。ワキガが中度、重度の人はアポクリン腺の数が多くある為、その分、皮脂を含んだ汗を大量にかくことで、ワキガの独特の臭いが生じていきます。

また中度、重度のワキガの人は、特に汗をかいていなくても臭いが発散される場合があるのも特徴です。ですので、中度、重度のワキガの方はアポクリン腺を減らす根本的治療法がベストです。

中度のワキガの場合

中度のワキガの人は、ワキガ専門クリニックなどで超音波によるアポクリン腺を破壊して、減らす治療法がオススメです。この治療方法のメリットは、メスを使わない為、身体に負担がかからず、傷跡が残らないこと、短時間で治療が終わることです。

その為、どちらかと言うと女性に適した治療法です。

重度のワキガの場合

重度のワキガの人は、アポクリン腺を手術で除去して、減らす治療法がオススメです。特に組織削除法という治療方法は、重度のワキガの人に有効で、カミソリとローラーが付いた器具を使用して、皮膚組織ごとアポクリン腺を削除します。

これにより、見落とし無くアポクリン腺を綺麗に除去することが出来ますので、より高い効果を得ることが出来ます。

まとめ

皮脂腺の分泌物は、アポクリン腺から分泌される汗と混じり合った状態で、分泌されます。重度のワキガ体質の方は、アポクリン汗腺だけでなく、皮脂腺も大きく発達していて、皮脂量も多い為、より細菌が繁殖しやすくなり、より強い臭いを生じさせます。

ですので、ワキガの原因はアポクリン汗腺だけではなく、皮脂腺にもあるのです。しかし、皮膚の生理的な機能の為には、皮脂腺は必要となりますので、アポクリン汗腺を除去して、汗の量を抑えることがワキガを根本的に治療する上で重要です。