外国人は日本人と比べて体臭が強く、ワキガになる人が多いと言われています。ワキガ率は欧米人で70%、対して、日本人のワキガ率は10%です。

ここまで数字に差があるのは、アポクリン腺の量が関係していると言われています。そこで今回は日本人と外国人とのアポクリン腺の量の違いについて、ご紹介します。

アポクリン腺の量とワキガ

私たちの皮膚にはエクリン腺とアポクリン腺という二つの汗腺があります。アポクリン腺は脇の下や陰部、耳の後ろ、乳首など非常にデリケートな部位のみ分布しています。

アポクリン腺から分泌される汗はタンパク質や脂質、アンモニア、尿素などの様々な物質を含んでいる為、乳白色で粘り気があり、細菌の分解によって、強い臭いが発生するのが特徴です。日本人が外国人に比べて、ワキガ率が低いのはアポクリン腺が少ない為です。

対して、外国人にワキガが多いのは、ワキガの原因となるこのアポクリン腺の量が多くある為です。またワキガの臭いの度合いもアポクリン腺の量によって変化します。

アポクリン腺の量と遺伝子

アポクリン腺が多いか少ないかを決めるのが遺伝子です。アポクリン腺の量を決める遺伝子には2種類あります。G遺伝子とA遺伝子です。

G遺伝子を持つ人は、体臭が強いことが分かっています。その為、外国人は、このG遺伝子を持つ人が多い為、アポクリン腺の量が多いと考えられます。よって、ワキガ体質になる確率も極めて高いと言えます。

一方、A遺伝子を持つ人は、アポクリン腺の量が少ない為、体臭が弱く、ワキガ体質になる確率は極めて低いと言えます。

アポクリン腺の量の判断方法

アポクリン腺の量が多いのか少ないのかを簡単に見分けられる方法は、いくつかありますのでご紹介しましょう。

体毛

基本的に体毛が多い人は、その分、アポクリン腺も多いということになります。よって、ワキガ体質の中でも中度から重度のワキガである場合があります。

また脇毛が太く、一つの毛穴から2本の毛が生えていることが多い場合もアポクリン腺の量が多いと判断出来ます。体毛が少ない人は、アポクリン腺も少ないですので、ワキガの心配はありません。

耳垢

通常、エクリン腺が存在しない外耳道が湿っていたり、太い毛がある場合、もう一つの汗腺であるアポクリン腺からの汗が原因です。その為、ワキガ体質の人は耳垢が湿るのが大きな特徴です。

これはアポクリン腺の量が多いという証です。それは、同時に脇の下にも多数のアポクリン腺が存在していることを示しています。

まとめ

アポクリン腺の量は遺伝によるものであり体質です。日本人にはアポクリン腺の量が外国人と比べ、少ない為、体臭が弱く、ワキガ率が低いですので、遺伝的に恵まれている日本人が羨ましいと思っている外国人が多いそうです。

しかし、近年、食の欧米化により、日本人のワキガ体質は強まっていると言います。ですので、ワキガ臭を軽減させる為にもワキガ体質の人は、和食中心の食生活を心がけることが大切です。