私たちの体には汗を出す汗腺という機能があります。その汗腺はアポクリン腺とエクリン腺の2種類があり、ワキガの原因になっているのはアポクリン腺という汗腺です。

アポクリン腺がワキガ原因となるのは、エクリン腺との働きの違いが大きく関係しています。そこで今回は、アポクリン腺とエクリン腺の違いについて、ご紹介します。

エクリン腺とは

エクリン腺は、体のあちこちに広く分布している為、普段、汗をかくというのはエクリン腺からの汗のことを言います。エクリン腺は少ない人でも200万個あり、多い人では500万個あると言われていますので、平均350万個前後のエクリン腺が全身にあるということになります。

汗の量は、能動汗腺(実際に活動している汗腺)で決まり、存在している全てのエクリン腺から汗が出るわけではなく実際はエクリン腺全体の半分程度と言われています。

エクリン腺の汗の成分は、99%が水ですので、エクリン腺から出てくる汗は無菌無臭で、サラサラとしていて乾きやすいのが特徴です。エクリン腺は、汗を出すことで、体温調節の役割を果たしている為、基本的には水分と塩分のみとなります。

エクリン腺の働き

エクリン腺は、余分なものを汗として排泄しているというより、身体にとって必要なものを排出してまでも体温調節を担うことを目的に存在している汗腺です。エクリン腺は夏の暑い時期に特に活発になります。体温を37度前後に保つ為に温熱性発汗と言う生理的な汗を出します。

アポクリン腺とは

アポクリン腺は脇の下、乳首、陰部、耳の中などのごく限られたパーツに集中しています。中でも最もアポクリン腺が多くあるのが脇の下です。

アポクリン腺は毛が生えている毛穴に存在しいる為、その一つの毛穴から複数(2~3本)の毛が生えている場合はアポクリン腺が存在している可能性は大となります。

汗の量は、アポクリン腺の数や大きさで変化すると言われている為、ワキガの人はアポクリン腺の数が多く、また一つ一つの粒も大きい傾向があると言われています。

アポクリン腺の汗の成分はタンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分と色々な成分を含んでいます。そのため、粘り気があり乳白色の汗が出るのが特徴です。

汗は、最初は無臭ですが多くの栄養がある為、菌が増殖しやすくなることで、強い臭いを発生させます。これがワキガの原因となっています。

アポクリン腺の働き

アポクリン腺は、体温調節ではなく、本来、種の多様性を維持する為に発達した汗腺です。自分と異なる遺伝子であるかどうかを識別する為に汗を出すことで、臭いを作るのが本来、アポクリン腺の役割なのです。

また体に不純物が入った場合、エクリン腺ではなく、アポクリン腺が不純物は汗として排泄する役割を担っています。

まとめ

アポクリン腺とエクリン腺の最大の違いは、役割にあります。本来、アポクリン腺は、種の多様性を維持する為にフェロモンを出すのが仕事です。

その為、汗の臭いがキツいのは、仕方のないことなのです。しかし、自分と異なる遺伝子を識別する為に必要だったその役割は、視力が向上した現代人には逆に不快な役割となってしまいました。

特に重度のワキガの人にとっては、悪臭の発生源であるアポクリン腺は悩みの種です。しかし、現代では必要なくなったアポクリン腺は手術で除去することが可能ですのであまり悩みすぎないことが大切です。

悩みによるストレスはワキガ臭を強めてしまいますので、ワキガのお悩みはなるべく早くワキガ治療で、解決させましょう。