ワキガの根本的な原因はアポクリン腺という汗腺が原因です。多汗症の場合、他の汗腺により多くの汗が分泌されますので無臭と言っても良いですが、ワキガの場合、汗はアポクリン腺から分泌される為、独特の臭いが発生するのが特徴です。

しかし、実はアポクリン腺から出てくる汗も、はじめは無臭なのです。それなのにどうして臭ってしまうのか?そこで今回はワキガの原因であるアポクリン腺について、詳しくご紹介します。

アポクリン腺の臭いの秘密とは

汗が出る汗腺には、アポクリン腺の他にエクリン腺という汗腺があります。エクリン腺は99%以上が水分の為、ほぼ無臭で、体温を調節する役割を担っています。

対して、アポクリン腺から出る汗は、臭いを作る役割を担っています。種の多様性を維持する為、生物全体的に自分と同じ臭いをする人を嫌う本能が備わっている為、自分とは異なる遺伝子を持った人と子孫を残そうとします。

自分と同族であるかを判断するのに役立つのが臭いです。つまりアポクリン腺は、異なる遺伝子であるかどうかを識別し、種の多様性を維持してくれているのです。

その為、アポクリン腺は脇の下や性器の周辺、耳の穴などの性的な部分に集中して存在しており、実は、これが「フェロモン」という意味にもなるのです。しかし、人間の嗅覚の退化に伴い、視力が向上したことでアポクリン腺は減少し、臭いも減少していきました。

それでもエクリセン腺と違い、臭いの原因がたっぷりと含まれているアポクリン腺は、最初は無臭でもエクリン腺の汗と脂肪が混ざり合ったものが細菌によって分解されると強い臭いを発生させてしまいます。

本来、種の多様性を維持するという目的の為に臭いを作る目的として、アポクリン腺は存在していましたので、そうした名残が強く残るのは仕方ないことなのかもしれません。

ワキガ対策とは

ワキガでお悩みの方にとっては、アポクリン腺から発生する強烈な臭いは非常にやっかいなものです。アポクリン腺は誰にでも存在していますが、ワキガの人はアポクリン腺の数が多い為、汗の分泌量が普通の人よりも多いと言われています。

体臭の強い欧米人は、日本人に比べてアポクリン汗腺の数が多い為、体臭が強いと言われていますので、アポクリン汗腺の数の違いによって、ワキガにならない人、またワキガが軽度、中度、重度などに分かれると言われています。

軽度のワキガの場合

皮膚科や美容クリニックでは脇にボトックス注射を打つことで、ワキガの原因となるアポクリン汗腺と汗の元となるエクリン汗腺の働きを衰えさせて、臭いと汗量を抑えるワキガ治療が行えます。

また自宅で簡単に行えるワキガ対策としては、臭いが強まる脂っこい食事を控えたり、汗の分泌量を増やすストレスを解消させるなどを心がけることもワキガ対策には大切です。

重度のワキガの場合

ボトックス注射は強いワキガの方には、高い効果は期待出来ません。

ボトックス注射によりアポクリン汗腺からの汗の分泌量を減らせても強いワキガの場合、少量の汗でも臭いが発生しますので、アポクリン腺を手術で除去することがワキガを根本的に解決する上でも最も有効な方法となります。

しかし、手術では傷跡が残ってしまったり、痛みが伴ったり、ダウンタイムがあったりとデメリットも多くあります。

まとめ

アポクリン腺は本来、種の多様性を維持する為に発達した汗腺で、臭い(フェロモン)を出すことが役割です。

日本人でワキガ体質(アポクリン腺が多くある)の人の割合は、約10%と言われています。海外と比べても少ないために、この臭いを嫌う人が多く、ワキガ対策を行う日本人は非常に多くいます。

しかし、軽度のワキガ対策は根本的なワキガ治療とは言えませんので、ワキガが完治するということはありません。重度のワキガ対策では、アポクリン腺を手術で除去する根本的治療をオススメします。